読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TakayukiKoyama Geek Blog

Create, Entertain, Experience

Android Wear 開発環境構築(プレビュー版)の続き

前回のエントリで開発環境とエミュレータの準備が終わったので、今度は③のAndroid端末の準備と連携をやってみる。

Android端末の準備

 今回、Android OS 4.4.2が必要ということで、Android OS 4.4.2が最新となっている端末で一番安いNexus7 2012 16Gを購入した。

f:id:tkoyama1988:20140523123952j:plain

 『開発者向けオプション』がなくなって出来なくなったのかと焦ったが、『設定』>『タブレット情報』>『ビルド番号』を7連打したら表示された。調べないと絶対に分からないなこれ。

Nexus 7 Android 4.2で消えた開発者向けオプションを表示させる方法。 - Android(アンドロイド)おすすめアプリ・カスタムニュース|AndroidLover.Net

 ちなみに、デバイスドライバこちら

 ということで、コマンドプロンプトでadb devicesを打ってみると。

$ adb devices
List of devices attached
emulator-5554   device        <- Android Wear
*************   unauthorized  <- Nexus7

 これで『Nexus7』<->『PC』<->『Android Wear』という感じで繋がった。

Android Wear用アプリの準備

 Android Wearに通知させるには『Android Wear Preview』という専用のアプリが必要になる。

 だが、その前に。Android Wear Developerで登録したアカウントでテスターの登録をする必要がある。

 アカウント登録をしたときにメールに「Opt-in to become a tester」のリンクがあったと思うので、リンクをクリックするとテスター登録ページへ遷移する。そこでテスターの登録を行う。

f:id:tkoyama1988:20140523131449j:plain

 テスターの登録をしたら、同じGoogleアカウントでGooglePlayの『Android Wear Preview』をインストールする。

f:id:tkoyama1988:20140523131750p:plain

 ※テスターにならないとアプリページは開けないので注意。

Android Wear Preview』アプリの設定

 『Android Wear Preview』をインストールして開いたら、Android Wearと連携できるように設定する。と言っても、チェックボックスをONにするだけ。

 まず、青枠をクリック。

f:id:tkoyama1988:20140523132105p:plain

 チェックボックスをON。

f:id:tkoyama1988:20140523132221p:plain

 『Android Wear Previewの有効化』を許可する。

f:id:tkoyama1988:20140523132309p:plain

 これでアプリの設定は完了。

連携作業

 PCのコマンドプロンプトで連携設定を行う。

$ adb -d forward tcp:5601 tcp:5601

 これだけで連携が完了。連携が完了すると、右上に『g』マークがつく。

 新着メールの通知ができた。

・丸形(Round)の場合

 

f:id:tkoyama1988:20140523132829j:plain

 スワイプして『Open』をクリックすると、Android端末側でGmailアプリが開いた。

f:id:tkoyama1988:20140523133156j:plain

・四角型(Square)の場合

f:id:tkoyama1988:20140523133448j:plain

 今度はサンプルアプリを動かしてみよう。

広告を非表示にする