TakayukiKoyama Geek Blog

Create, Entertain, Experience

AWS EC2 を SublimeText SFTP でアクセスする方法

調べてみたけどstackoverflowでも解決できなかったのでメモ。

 EC2をsshでログインするときpemファイルを使っていることを前提にします。普通にパスワードでログインできるようにする場合は問題ないと思います。

 ※SublimeText SFTPの使い方は下記のサイト等を参考にしてください。

SublimeText2のSFTPを使って快適にサーバー上のプロジェクト修正をしよう

SublimeText SFTPはpemファイルができない?

※追記:MacOSXではpemで動いたので、pemからppkへの変換は不要です。

 最初はstackoverflowを参考にsftp-config.jsonを設定してみた。

・sftp-config.json { "type": "sftp", "sync_down_on_open": true, "host": "", "user": "", "remote_path": "", "connect_timeout": 30, "sftp_flags": ["-o IdentityFile=~"] }

 そうすると、Connect Timeoutのエラーでアクセスできなかった。stackoverflowでは"ssh_key_file"ではなく"sftp_flags"を使うようにと書いてあるが、もしかしたら"ssh_key_file"の方がうまくいくんじゃないかなと思ったが、ダメだった。

"ssh_key_file": "C:\\Sample\\ec2-keypair.pem"

 とりあえず試しにWinSCPでもアクセスしてみようと思ったら、WinSCPPuTTY形式(.ppk)しかアクセスできないというダイアログが出たので、もしかしたらSublimeTextも.pemが対応してないのかもしれない。

.pem -> .ppk に変換

f:id:tkoyama1988:20140610175221j:plain

 ということで.pemファイルを.ppkファイルに変換してSublimeTextに使ってみることにした。.ppkファイルへの変換はPuTTYgenでできます。

 PuTTYgenのダウンロード

f:id:tkoyama1988:20140610175233j:plain

 Parameters > Type of key to generate:が「SSH-2 RSA」であることを確認して、「Load」からpemファイルを読み込む。.pemが見つからない時はファイル形式を「All Files(.)」に変更する。

f:id:tkoyama1988:20140610175622j:plain

 ダイアログは「OK」を選択して、「Save private key」を選択。ダイアログは「はい(Y)」を選択。出力先を聞かれるので、出力先とファイル名を決めて保存する。

f:id:tkoyama1988:20140610180129j:plain

 これで.ppkファイルが作られる。

SublimeText SFTPの設定

・sftp-config.json { "type": "sftp", "sync_down_on_open": true, "host": "", "user": "", "remote_path": "", "connect_timeout": 30, "ssh_key_file": "C:\Sample\ec2-keypair.ppk" }

 で設定して、「SFTP/FTP」>「Sync Remote -> Local...」をすればEC2のファイルやディレクトリが読み込まれます。

広告を非表示にする