TakayukiKoyama Geek Blog

Create, Entertain, Experience

自宅にオフィスチェア導入で作業効率を上げてみた。

退職して自宅で作業することが多くなったので椅子を変えることにしました。

f:id:tkoyama1988:20140618153439j:plain

 小学生時代から15年以上使ってたボロボロの椅子に別れを告げて、ようやく買い換えることになりました。

購入の決め手

1.以前の椅子は疲れやすい 

 以前の椅子はガス圧も効かなくなりクッションも潰れてしまって、少し座っただけで立ちたくなるような椅子だったので限界を感じてました。

2.予算はないけど、質のいいものが欲しい⇒中古

 椅子に対する要望はこんな感じ。

・個人利用なのでそこまで予算は掛けたくない
・長時間利用するので疲れにくいなどの機能性が欲しい
・カッコよさなどのデザイン性は求めてはいない
・肘掛は机に引っかかるからいらない

 これらを考慮したところ、中古のオフィスチェアがベストだろうという結論に至った。調べてみると、結構中古のオフィスチェアを取り扱っている業者があったので迷ったが、今回は評判が高くクリーニングをしっかり行っている『楽市』に決めた。

 『楽市』でオフィスチェアを見ていて、一番良さそうだと思ったのが内田洋行の肘なしルディオ。デスクワーク向けで、ガス圧・背もたれ・座奥が調整できて、ミドルバックなのが気に入った。

 『楽市』は品ぞろえが多く、同じ種類の中古度合いの違うものがいくつかあった。1万円を切ると汚れや傷が多いので、一番良い状態のにした。

使ってみて

 当然ながら以前よりは座り心地が良い。腰の負担も少ない。ただ、少し気になるのは、夏場に蒸れるんじゃないかということ。これはしばらく使ってみないと分からないが、前の椅子を使い続けるよりはマシなのは確かだった。

 

広告を非表示にする