TakayukiKoyama Geek Blog

Create, Entertain, Experience

本の講義を聞いてきた【八嶋智人が大学教授に挑戦!「本の講義」演劇プロジェクト】

Campfireで話題になった下記のプロジェクトに支援して講義を聞きに行きました。

 八嶋智人が大学教授に挑戦!「本の講義」演劇プロジェクト〜本の面白さを伝えたい!!

 今回のプロジェクトは主催者の鬼塚氏の思いによって始まった。昔は電車の中で本を良く読まれていたが、今はスマホをいじる人ばかりだ。今でも良本はたくさん出ているのに本の売上は2/3ぐらいに下がり、本を読む人が減っているそうだ。  そして、この問題は良い本があることを面白く分かりやすく伝えられていないことに気づき、面白い役を演じることが得意な八嶋智人氏にベストセラーとなった「統計学は最強の学問である」を講義してもらうことで本を読んでもらえる人を増やせると思い、プロジェクトが始まったそうだ。  今回がその第一歩で、これから他の本の講義も進めていくらしい。

統計学が最強の学問である

統計学が最強の学問である

 私は単純に八嶋智人氏の演技を見てみたいのと統計学を分かりやすく伝えるとどうなるのかを知りたくて、このプロジェクトに支援した。ということで、簡単にどんな感じだったかメモっておきます。

f:id:tkoyama1988:20140810155327j:plain

 場所は専修大学の講義室で行われました。受付の際に本人確認と「身長」を聞かれて、「ん?身長?」と思ったけど、講義内容が統計学であることを思い出して講義に使うんだろうなぁと気づいた。番号札を渡されて会場内へ(私の番号は特に出番がなかった)。

f:id:tkoyama1988:20140810181620j:plain

 講義のチャイムが鳴ると映像後に八嶋氏が教授として登場した。講義では「誕生日」と「身長」を使った統計学の実験が始まった。ここでまさかのミラクルが起こった。今回の講義は24日?だったかにTBSで放映されるそうなので、気になる人はテレビをチェックしてください。 

 実験が終わると、この実験の解説をするために著者の西内啓が登場。実験結果を詳しく説明してくれた。今回は珍しい結果だと仰っていた。その後は2人で最近の話題に絡めながら統計学の講義が行われた。

 データを分析したり、商品に表示されるお客様満足度とかを疑問に思ったことはなかったので、色々気づかされる面白い講義でした。

統計学が最強の学問である

統計学が最強の学問である