読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TakayukiKoyama Geek Blog

Create, Entertain, Experience

Kawasaki.rb #015 に参加してきました。

Kawasaki.rb 勉強会

 Rubyを触りだして約半年、Ruby on Railsを使い出して約3ヶ月。とにかくWEBサービスに必要な機能が出るたびに書籍やWEBを逆引きしている感じだったので、ちゃんとRubyを勉強していないので勉強会とLTをされているKawasaki.rbで色々話を聞いてみたいなぁと思い、参加しました。

 私の家は相模原市なので川崎はRubyコミュニティの中で一番近いですけど、行くのはちょっと遠い感じですが、月1なら全然問題ないので積極的に参加したいと思ってます。

Kawasaki.rbのリンク

 参加登録:Kawasaki.rb | Doorkeeper

 公式サイト:Welcome to kawasaki.rb!

 発起人・主催者:@chezouさん

 ちなみに、私が今回参加した#015 -> Kawasaki.rb #015 - Kawasaki.rb | Doorkeeper

 内容は@chezouさんのTogetterで:kawasaki.rb #015 まとめ - Togetterまとめ

活動内容

 今回初参加なので間違っているかもしれませんが、多分いつも

・自己紹介 -> パーフェクトRuby勉強会 -> LT 

 という流れだと思います。

 勉強会でRubyの教養を深めつつ、LTで実際にRubyなどの言語でどういうことをやっているのかを知ることができるのが良いですね。

 今回の勉強会は3-3-1〜3-3-2の例外処理についてでした。Java(Android)で言うtry~catchですね。Rubyはtryがbegin〜endで、catchがrescueで、finallyがensureという感じでしょうか。

 LTについては「Ingress」と「Python+Sphinx」と「Python+Django」の話でした。Rubyコミュニティですが、Python2件でしたw

 Ingressは話を聞くけどやったことなくて、LT聞いてる時に興味が出てきました。「ピタゴラス勝率」についても興味深かったですね。総得点の二乗/(総得点の二乗+総失点の二乗)で勝利数を出せるようです。

ということで

 初参加なので緊張しましたが有意義な時間でした。今度は「素人がRailsで個人間取引サービスを作った話」みたいなLTをしようかなという妄想をしながら、今日から開催しているYAPCについて考える今日このごろでした。

広告を非表示にする