読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TakayukiKoyama Geek Blog

Create, Entertain, Experience

Zabbix2.4 セットアップ CentOS7.1(Conoha VPS)

zabbix CentOS

 Zabbixの勉強兼サーバ管理をしようと思ったので、Zabbix導入に関してメモ

・Zabbixバージョン:2.4

・サーバOS:CentOS7.1

 主に下記のサイトを参考にした。

centos7 - Cent OS 7 で Zabbix を使ってみる - Qiita

インストール作業

# yum install -y httpd, php, mariadb-server
# rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/2.4/rhel/7/x86_64/zabbix-2.4.4-1.el7.x86_64.rpm
# yum install -y dejavu-sans-fonts php-bcmath php-mbstring

PHP関連のモジュールインストールで足りないものがあったので追加でインストール

# yum install -y php-gd php-xml

 後は同じ

# rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/2.4/rhel/7/x86_64/zabbix-web-mysql-2.4.4-1.el7.noarch.rpm http://repo.zabbix.com/zabbix/2.4/rhel/7/x86_64/zabbix-web-2.4.4-1.el7.noarch.rpm
# rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/2.4/rhel/7/x86_64/zabbix-agent-2.4.4-1.el7.x86_64.rpm
# yum install -y OpenIPMI-libs fping iksemel net-snmp unixODBC
# rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/2.4/rhel/7/x86_64/zabbix-server-2.4.4-1.el7.x86_64.rpm http://repo.zabbix.com/zabbix/2.4/rhel/7/x86_64/zabbix-server-mysql-2.4.4-1.el7.x86_64.rpm
# yum install -y vlgothic-p-fonts
# rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/2.4/rhel/7/x86_64/zabbix-web-japanese-2.4.4-1.el7.noarch.rpm

DB設定

 以下のコマンドを叩こうとするとうまく動かない

$ sudo systemctl enable mariadb
Failed to issue method call: No such file or directory

 MySQLMariaDBの使い分けがよく分かってないので、まあ何はともあれMySQLでセットアップすればいいかということで以下のようにした。

 MySQLは既にインストールされているものとする。(どのバージョンインストールしたか忘れたが、普通にyum install -y mysql-serverでインストールした気がする)

 まず、MySQLでZabbixユーザを作ろうとするとエラー(ERROR 1054 (42S22): Unknown column 'plugin' in 'mysql.user')が発生するので、MySQLを更新する。

 参考:MySQL をアップグレードしたらユーザー追加できなくなった場合の対処法 | Blogeek

# mysql_upgrade -u root -p

 次に、データベースを作成

# mysql -u root -p
mysql> create database zabbix character set utf8;
mysql> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by '<password>';
mysql> FLUSH PRIVILEGES;

 ZabbixのデータをMySQLに登録する。パスワードは↑で設定したZabbixユーザのパスワード。

# mysql -uzabbix -p zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.4.4/create/schema.sql
# mysql -uzabbix -p zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.4.4/create/images.sql
# mysql -uzabbix -p zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.4.4/create/data.sql

Zabbix設定

 ZabbixがMySQLにアクセスできるようにするため、Zabbixユーザのパスワードを設定ファイルに書き込む

# vim /etc/zabbix/zabbix_server.conf

DBPassword=<password>  #コメントを解除してパスワードを入力

# systemctl enable zabbix-agent
# systemctl restart zabbix-agent
# systemctl enable zabbix-server
# systemctl restart zabbix-server

サーバ設定

 タイムゾーン設定(設定しないとZabbixのWelcomeページでFailが表示される)

# vim /etc/httpd/conf.d/zabbix.conf

 apacheサーバを起動する

# systemctl enable httpd
# systemctl restart httpd

 fierwallに関してはfirewalldではなく、iptablesを設定しているので、iptablesの設定を書き込む

# vim /etc/sysconfig/iptables
-A RH-Firewall-1-INPUT -p tcp -m state --state NEW -m tcp --dport 80 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p tcp -m state --state NEW -m tcp --dport 443 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p tcp -m state --state NEW -m tcp --dport 10050 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p tcp -m state --state NEW -m tcp --dport 10051 -j ACCEPT
# systemctl restart iptables.service

 これで、とりあえずURLを叩けばZabbixの画面が表示される。

http://<IPアドレス or ドメイン>/zabbix/setup.php

f:id:tkoyama1988:20151229221841p:plain

Zabbixの初期設定

 1.と2.は「Next」。

 3.はUserに「zabbix」PasswordにMySQLで設定した「password」を入れて「Next」。

 4.と5.も「Next」。

 最後に6.は「Finish」。

 初期アカウントはAdmin/zabbixなので、ログインしたらすぐにパスワードもしくはユーザ名も変更する。

 「Configuration」タブ > 「Hosts」タブ から一覧の 「Zabbix server」を選択して、一番下の「Enable」を選択すると、Zabbixが有効になる。

広告を非表示にする